沖縄県パチンコ・スロット防犯協力会支部長委嘱状交付式

 
〇当組合は、地域の安全・安心に資するため警察や防犯協会等に協力する組織として、昭和62年に沖縄県パチンコ・スロット防犯協力会を設置しており、14警察署の管轄毎に14支部あります。
 10月11日(火)、沖遊連会館にて新垣善彦会長(組合理事長)から新支部長及び新副支部長25名に委嘱状(2年間)の交付を行いました。※離島の4名は除いています。今回は、警察本部から金城生活安全部参事官及び県防連防犯協会連合会から伊波専務理事が来賓として出席し、激励の挨拶をしてくれました。
 支部長等は、気持ちも新たにこれまで以上に、地域の安全・安心のために積極的に活動することを誓いました。
 ※全国地域安全運動の初日にあたる10月11日(火)に、安全・安心のための活動を行った際に、県民の皆さんが直ぐに分かるように、これまでの「沖縄県遊技業防犯協力会」から「沖縄県パチンコ・スロット防犯協力会」に名称変更を行いました。


2022.10.13

トピック一覧

105次へ

Control